Profile

Tomofumi Tanizawa

谷澤智文

SSW。音楽家。喫茶雑貨「閃き堂」店主。

2012年、地球一周の旅へ出発。35カ国94の街を巡り、1年後帰国。
旅からのインプット及びインスピレーションにより、「SPACE LIKE CARNIVAL」結成。
諸事情により1年後に解散後、ソロ活動活発化。

アコースティック宇宙奏楽3部作「ぼくらはみんな」シリーズ構想を発表。
アートワークは3部作通して新進気鋭漫画家のpanpanyaが担当。
2016年3月9日、「ぼくらはみんな」シリーズ第1部 「ぼくらはみんなスペーシー」リリース。
2017年11月11日、「ぼくらはみんな」シリーズ第2部「ぼくらはみんなエイリアン」リリース。
詩人・谷川俊太郎からのコメント、ケペル木村からのライナーノーツが寄せられている。
2018年5月11日、アンビエント作品「Tanizaworld Ambient 1」をハイレゾ配信限定リリース。
2018年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 2018 (Gypsy Avalon Stage) に出演。

ライブ・スタイルは、エレキギター1本、ギターアンプ3台・ベースアンプ1台・その他多数エフェクト及びノイズマシーンなどを使用した、スペーシーかつトリッピーな弾き語り。
「Tanizaworld」と呼ばれるなどしている。

マンガ大賞」選考員でもある。

2019年9月8日、岐阜県は飛騨高山のはずれに、喫茶雑貨「閃き堂」オープン。

Tomofumi Tanizawa

Singer-songwriter. Musician. Owner of “HIRAMEKIDO“.

He journeyed around the world, starting in 2012. In 2013 he returned to Japan.

He then started a super out-there, psychedelic band project, ”SPACE LIKE CARNIVAL”, with his own original songs written during his trip around the world.

On Oct 2nd, 2015 SPACE LIKE CARNIVAL disbanded and the performers went their separate ways.

Since then he has been focusing on his solo work.

He has been working on a conceptual, three-part cosmic acoustic series, “We Are All” .

The albums feature artwork from panpanya, an up-and-coming Manga creator and artist.

His solo full album “We Are All Spacy” was released on Mar 9th, 2016 as the 1st part of the ”We Are All” series

On November 11th 2017, the second “We Are All” album “We Are All Alien” was released.

His live shows invite you join him in his world, his music transporting you to interstellar heights.

He is also an authority on Japanese manga, and has been awarded the Manga Taisho prize.

On September 8, 2019, he opened cafe as “HIRAMEKIDO” at Hida Takayama, Gifu.